おっさん、やせてみる。

柴崎在住のおっさん、一念発起してやせてみる記録。

ふりかえってみる。

最近、摂取カロリーの辻褄がうまいこと合わない。


朝、昼、間食、できるだけ規則正しく野菜食を中心に摂り続けているが、なんか足りなくて、夜に焦る。
葉野菜中心だから、カロリーで見るとあんまり伸びないのかな。


朝と昼はごはん180g食べておなかいっぱい。
間食は内容を選んではいるが……
あと、夜はご飯は控えたいので、どうしてもカロリー数値は低くなるな……


とにかく連日、カロリー管理ソフト「あすけん」の栄養士である未来さんにたしなめられている。


(しかし決して否定的な断じ方はしない。さすがよくできている。私はもっと口汚く罵られても平気だが。)


まあ、この場合の基準値は「あすけん」なりに定めた基準なので、それ自体を気にしすぎる必要はないのだけれど、この日も色々工夫してどうにか基礎代謝量ギリギリである。


足りないからって、夜にバカスカ食うわけにもいかないしね!?


なんとなく、「あすけん」に変えて以降、急にこの問題が出てきた気がしたので、前のアプリで管理していた2~3月の記録を振り返ってみた。


結論。


アプリ関係ない。
たまたま時期が重なっただけ。


酒だ。


飲まなくなったから、400~600kcalほど抜けただけで、食生活自体は大きく変化してない。つまり、言ってしまえば、もともと足りない食事をしていたのである。


まあ、いいことなんだけど、頭の中が偏っちゃってるのかな、ちょっとヘンな気分になる。


基礎代謝量に足りない食生活と、
酒で埋めてセーフラインを満たす食生活と、
どっちがマシなんだろう。


飲まずに、食事をうまくコントロールして「足らせる」のがいいんだよ、わかってる。


そんなことをぼやぼやと考えながら、人類が今日まで生き延びてきた背景に、酒の果たしてきた役割をしみじみと思った。
酒は、保存のきく、明日を生き延びるためのきわめて貴重なエネルギー源だったのかもしれないな。
この発明、発展のおかげで、人類は寿命を延ばし、数を増やしてこれた。これだけではないのはもちろんだけれども、役割を担ったはずだ。
どの時代、どの生命も、どんな状況でもなんとかして得続けねばならないエネルギー。
その一端を、酒は、間違いなく支える存在だったはずだ。


だからってまた飲もうなんて思ってないよ。
ただ何でも、否定して排斥することが自分を守る手段だった若い頃とは色々違う、それだけです。


ちなみに、この、人類が数万年、もしくは生命が数十億年に渡って求め続けてきた”エネルギー”を、今、我々が邪魔に扱い、必死の努力でなんとか消費しなければならないという生き方をしていることについては、いつかもっとゆっくりと考えてみたい。
主に自省のために。



まあそれはともかく。


明日こそはもっと上手に食事して、未来さんに褒められてみようと思う。

私という水はいつでも低い方へ流れがちなので。

本日の体重、82.2kg。


正月の92kgから振り返ると、そろそろ10kg減になろうとしている。


まだまだ終わるつもりはないけれど、なにやら一定の成功のようなものに気を良くして、ゆるみがちな山に差し掛かっている危機感も感じる。


これ、私の、一番危ない奴だ。
コナン・ザ・グレートも一時の成功の後で全部いかれた。


正直、飽きや慣れが心身に蔓出していることも感じる。


なんとかして向き合うべく、常に、モチベーションの足しになるような刺激を意識して取り入れていきたい。


試しに、脂肪の比重をググってみた。


0.9


水より、ちょっと軽い。
つまり2kgの脂肪は、2Lの水のペットボトルより、ちょっと大きいということになるのかな?


じゃあ、ざっとした見当で、ペットボトル5本分の体積がぼくの体から抜けたということになるのだろうか。
(無論筋肉の減退等も起こっているだろうから、減った分の全てが脂肪ではあるまい。しかし、決して欠かさず基礎代謝量以上のカロリーを取り続けてきたし、どう考えても92kg当時の自分より筋肉量が減ったということはトータルで見てありえないから、概ね、大半が脂肪だと考えていいのだろう。)


2Lペットボトル5本。
そんなバカな。


というより、3ヶ月前には5本分の何かが体についていたということの方が信じがたい話だ。


正直、ぱっと見、そんなにすごく痩せたなーとは見えない。


確かに、普通に立ってるだけで三重顎だったものが、多少アゴを引かないと寄らなくなったし、お腹周りを触った時のむにょむにょ感は随分寂しくなったし、久々につけた私服用の穴式のベルトは穴を3つずらしても余るのでカットした。


世界中で私だけが知覚しているだけに過ぎないが、確かにやせてるっぽいのだ。
嬉しいことに。


でも、人の目には大して違いはないのだろうな。
ここがモチベーションの分岐点。「なにくそ」の方に舵を切って、まだまだ続けようと気持ちを新たにしてみる。


少なくとも、またペットボトル5本分を背負うことになるのはおぞましい想像だ。
それもまた、動機付けとしてはありなのかも。

ある休日。

木曜は公休日。


昨夜はちょっと夜更かししてしまった。
先週がそこそこタイトで息が詰まったので、その解放感があった。
あと、ちょうど0時に「ダンベル何キロ持てる?」4巻のダウンロードが始まったので、結局読んじゃった。


したら、朝、いつもの時間に起きたときにすげえだるい。
頭がぼやぼやする。
糖質の最終摂取のタイミングもちょっと間違ったかもしれない。
若くねえんだ、睡眠は大事にしないとな。


結局、なんとか朝食をとってネットいじって、耐えきれずに昼寝。
遅めの昼食をとって、ようやく活力が回復した。


知人たちとの会合が予定されていたので仙川へ。
ちょっと時間があったので、ここ行ってきた。




初めて入ったけど、まず、安藤忠雄建築の雰囲気が思った以上にイイ。
広い空間ではないだけに展示も少なくはあったが、雰囲気がよく、内容も想像力を刺激される興味深いもので、これは当たりだった。
入場料500円。スタバとかでコーヒー飲むくらいなら、僕はこっちがいいな。
終わるまでにもう一回行こうか。


仙川はだいたい、親子連れは島忠のフードコート、なんか気取ったツラした連中はスタバでゴミゴミ集っていて、なんかゆっくりできるイメージが全然ないゴミっぽい場所だと思ってたんだけど、この建物がある方面はなんか町としてのコンセプトみたいなものを感じて面白そうだ。他にもいいスポットがないか、こんど探索してみようか。


ちなみに隣の劇場でもなんかやってるっぽかったけど、お芝居見るってハードル高いな……
詳しく見てないけど、どの程度のものかわからんものを、数千円出して1,2時間拘束されてさ……
これ、やっぱり前もって情報見て、チケット買って、この日はこれだって気合い入れていくような類のものだよな。行ってみたらおもしろいものはきっとあるはずなんだけど。


さて、明日からまたがんばろうか。
しっかり栄養とって……早く寝よう……


でも、「ダンジョン飯」が0時にダウンロードきちゃうんだよな、きっと……